軽自動車だって車中泊!2泊までの車中泊

冬の車中泊は
とにかく暖を取ること

車中泊の準備をしよう6/冬の車中泊準備

 真冬の車中泊は寒いのです

真夏に引き続き、冬場の車中泊もやめておいたほうが吉です。
寒くて寝られないわけです。クルマはいわば鉄の塊。冷たい鉄の中で寝られるわけありません。
それでも冬に車中泊を決行するならば、寒さ対策をしっかりすることです。

 目張り(目隠し)をするやや上級者向け

冷気は窓ガラスから入って来ます。そこでしっかりと目張りをしておくことで、その侵入は回避されます。
→目張りについてはこちら

 床にもひと工夫をやや上級者向け

クルマの床からもやはり冷気は伝わって来ます。そこで床のフロアマットの下に「銀シート」を敷き詰めます。これだけでもだいぶ違います。

 銀シートのオススメアイテム


→他の銀シートも見てみる

 寝袋にもひと工夫プラスやや上級者向け

寝袋は「マミー型」を使用しましょう。
→マミー型寝袋についてはこちら

就寝時は重ね着をし、さらに寝袋の中に使い捨てカイロを3つほど入れておくと良いでしょう。頭部も冷えがちですから、ニット帽などを着用するといいかもしれません。
また、湯たんぽもなかなか使えます。お湯はカセットコンロで沸かしましょう。電子レンジ対応型の湯たんぽならスーパーマーケットに設置してあるセルフサービスの電子レンジで温められますね。

湯たんぽ

 

 湯たんぽのオススメアイテム


→他の湯たんぽも見てみる

 電気毛布を使うやや上級者向け

家庭用の電気毛布を使う場合は高価なサイン波(正弦波)のインバーターが必要なため、12V用の電気毛布が良いでしょう。

 電気毛布・ファンヒータのオススメアイテム

くれぐれも寒いからと言ってカーエアコンをつけて寝ないように。一酸化炭素中毒で死亡するおそれがあります。
特にゲレンデのある場所などでは夜のうちに雪が積もり、マフラーを塞いでしまいます。

 

車中泊の準備をしよう7 これがあればもっと便利